スポンサーサイト

  • 2014.08.28 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日本語検定1級体験記

    • 2013.10.31 Thursday
    • 03:02
    JUGEMテーマ:学問・学校

    日本語検定(語検)1級は知る人ぞ知る難関です。2011年の夏に2級に合格した私は、すぐに1級の問題集を購入しました。
    ●日本語検定公式練習問題集1級
    ところが中身を見て心が折れ、その年は受検できませんでした。1年以上経った2012年秋、ようやく勉強を再開しました。2012年11月10日に受検しました。

    前にこの問題集を開いた時は、全然知らない言葉がわんさか載っていて「これはシャレにならん!」と逃げ出しました。しかし1年経って改めて眺めてみると、あんなに手ごわかった問題が、簡単に見えるようになっていたのです。
    何故かというと、この1年の間に漢検1級に初挑戦し、語彙力が養われていたからです。邯鄲の夢、刎頸の交わり等、漢検1級でよく見る言葉ばかりです。語検は新しい検定ですし「日本語」全部が範囲なので対策が難しいのですが、先に問題集も揃っている漢検を受けておくと対策がしやすくなります。

    しかし簡単に解けるようになるだろうと思っていた四字熟語の難しさは、あまり変わらないままでした。というのも、語検1級では難しい漢字の入った四字熟語ばかりが問われるわけではなく、満遍なく、漢検で言うと準1〜5級くらいの範囲の四字熟語も出題されるからです。漢検1級では出題されにくい(むしろ簡単な漢字なので放っておかれる)、それでいて一般常識としてはあまり浸透していない四字熟語が、語検1級では出てきます。
    それで、漢検1級の記事にも書いたように、前々から用意していた
    ●ダイソーミニ辞典シリーズ14 四字熟語辞典(大創出版)
    を見直して、8割くらいは漢字も意味も答えられるようにしておきました。約1000語も載っているのに105円です。

    この2冊をやりながら、ネットで買った
    ●日本語検定公式1級過去問題集 平成22年度
    ●日本語検定公式1級過去問題集 平成23年度
    に取り掛かりました。これには2〜3年ほど前の過去問が載っています。これらを購入した一番の理由は、安さです(少し古いだけなのに、24年度版のものと比べて値段にかなり差がありました)。それに発売したばかりの24年度版を買っても、前年の問題が載っているわけで、それと同じ問題がまた今年も出る確率は低いだろうと、後付けで思いました。
    解いた手応えではボーダーライン上という雰囲気。解説をよく読んで、検定前日にはネットで間違えやすい日本語をパラパラと確認しました。漢検の勉強を入れないで考えると、全部で18時間くらい勉強したと思います。

    当日、試験会場である某大学の教室に入りました。1級は7人、3級は約50人、同じ教室での受検です。私は申し込みがいつものごとくギリギリだったので、1級の一番後ろの席でした。1級の年齢層は20〜70代で、性別も偏りなくバラバラでした。3級は大学生から30代が多かったです。

    問題用紙をめくってビックリ。問い方が難しくなっていました。
    例えば、過去問では選択肢の一つだった「恵投」という言葉が、この時は「『投』という漢字を含む、漢字二字の敬語」という条件で、自分で考えて書く問題になっていました。言葉自体を知らなければ99%間違えてしまいます。さらに、過去問には言葉(「はしなくも」等)の用法を3択から選ぶ問題がありましたが、これが8つの言葉の中から文章に合うものを選ぶ問題に変わっていました。過去問では3択だったものが8択になったわけです。こういった細々した難化に面食らいながら検定終了。

    帰り道、一緒に受検した方と少しお話ししたら「過去問から出なかったですよねぇ」とおっしゃいました。過去問より難しかったという印象が強かったので、思わず「そうですね」と答えてしまいました。
    しかしその瞬間、少し戸惑いました。「恵投」自体は過去問にあったといえばあったし、他にも形を変えながら出てきた言葉があったからです。

    帰宅してからもう一度考えた時、気付きました。もしかすると、あの方は前年度の過去問のみを解かれたのではないでしょうか。だとしたら、全然過去問から出なかったと思っても無理ありません。
    やはり2〜3年前の過去問をやっておけば、繰り返し出題される言葉に出合う確率が高いのだと思います。あの時、値段に目が眩んで古くて安い問題集を買いましたが、それが効果的だったのです。それに、四字熟語もダイソーの辞典に載っていたものばかり出て助かりました。ケチ根性が偶然にも、1級合格に寄与しました。

    認定証と個人カルテは12月に到着しました。
    総合および領域別得点率(平均)
    総合 85.6(73.7)
    敬語 81.3(71.6)
    文法 88.5(72.0)
    語彙 75.0(72.9)
    言葉の意味 80.3(72.4)
    表記 96.2(76.5)
    漢字 93.5(76.3)

    自己採点で語彙が55%しかなくて焦っていたのに、いざカルテを見たら20%も上がっていて拍子抜けしました。他の領域は自己採点と3%くらいしか変わらないのに、語彙だけおかしいです。2級の時も、言葉の意味の領域で同じようなことがありました。採点基準を知りたいのですが、検定協会はそれは公開していません。
    後で発表された認定率は、1級20.5%、準1級40.3%でした。あんなに難しく感じたのに、なんと語検史上2番目に認定率の高い回だったようです。当日に難化したと感じたのは過去問と違う問い方だったせいで、冷静に全体を通して見ると解きやすい問題が多かったのでしょう。なんとも不思議な気持ちにさせられた検定でした。

     

    スポンサーサイト

    • 2014.08.28 Thursday
    • 03:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      ranking1

      ranking2

      人気ブログランキングへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM